『小松左京の猫理想郷(ネコトピア)』表紙の秘密

猫好きとしての小松左京の集大成「小松左京の猫理想郷(ネコトピア)」ですが、実は表紙は凝りに凝ったものです。

坂野公一さんがデザインしてくださいましたが、国内外で活躍するグラフィックデザイナー、アートディレクターの最新の仕事とプロフィールを紹介する「MdN Designer’s File 2017」 に収録されました。
表紙カバーは半透明になっており、カバーありと無しとでは、まったく趣の違ったものになります。
カバー付きは、何でもありの小松左京風のSFチックな楽しい雰囲気。
この半透明のカバーを外すと、ちょっと文豪風の重厚な雰囲気になります。

その日の気分で、着せ替え可能な本というわけです。
カバーの方には、小松左京の歴代猫たちがちりばめられ、また、本文からの抜き書きや、キャッチコピーも楽しく配置されています。

<SFチックな表紙カバーつけた状態(全体)>

<表紙カバーを外した重厚な状態(全体)>

表紙やカバーに散りばめられ猫たちのエピソードは、どうか本書をお読みになってお楽しみにください。

『小松左京の猫理想郷(ネコトピア)』
<竹書房 税抜き価格2,500円>

小松左京ライブラリでの内容紹介ページはこちら

目次
閉じる