箕面市立郷土資料館で小松左京展開催

*企画展は終了しました。

生誕90周年、没後10年の今年、小松左京がSF作家生活のほとんどを過ごした箕面で企画展が開催されます。

「空中都市008」の玩具や1973年の映画「日本沈没」のイメージソングドーナッツ盤などの関連グッズ、また愛用のボールペンなども紹介されます。

2021年10月8日(金)~12月1日(水)

箕面市立郷土資料館【入館無料】

*木曜休館

みのおサンプラザ1号館地下1階 *阪急箕面駅から東へ130m

目次

展示品紹介

和田誠先生が描かれた「空中都市008」の挿絵パネル
「空中都市008」グッズと1973年版映画「日本沈没」イメージソングのレコード
空中都市008」グッズ(スケッチブック、色鉛筆、ジグソーパズル他
2019年開催・世田谷文学館「小松左京展」パンフレット(『小松左京肖像画』生頼範義
小松左京愛猫チャオ(左)お紺(右)のフォトスタンド(添田一平)
稲垣みさお先生が描く小松左京原作のコミック「霧が晴れた時」のパネル
小松左京の漫画家時代の原画(複製)
創作メモ(複製)とコラボアート(絵はがき)
「日本アパッチ族」(開田裕治)左上
「さよならジュピター」(イトウケイイチロウ)中央上
小松左京の愛猫紹介
目次
閉じる