映画『首都消失』

『首都消失』は、1987年に『203高地』や劇場版『宇宙戦艦ヤマト』の舛田利雄監督とゴジラシリーズ、小松左京の『日本沈没』や『エスパイ』の中野昭慶特技監督によって映像化され、東宝系で劇場公開されました。

音楽は『アラビアのロレンス』『ドクトル・ジバゴ』などで、アカデミー賞を受賞しているモーリス・ジャールが担当しています。

関西テレビが製作に参加しているため、関西テレビをモデルとした架空のテレビ局である『関西放送』の社員やスタッフが大勢活躍する脚本になっています(関西テレビの当時の社屋も撮影に使われています)。

迫力あるポスターは、『ゴルディアスの結び目』など、小松左京の数多くの作品の表紙絵を描き、劇場版の『復活の日』や『日本沈没』のポスターも手掛けていただいた、SFイラストの第一人者である生賴範義先生によるものです。

目次
閉じる