小松左京が、異星人と人類の戦いをリアルに描いた「見知らぬ明日」は、1968年に「週刊文春」に連載されていたものです。

 当時の日本は、1970年開催の大阪万博を控え、日本は高度成長のまっただなか。アメリカの勢いも強く、ベトナム戦争を戦いながら、人類初の月着陸も目の前、さらに、冷戦時代でソビエトと対立し、世界の警察を自認し、膨大な核兵器を含む強力な軍備を誇っていました。

 一方、中国は文化大革命という一大混乱期であり、大きな犠牲を出していました。

 米ソ中、それぞれが鋭く対立し、核戦争による第三次世界大戦がリアルに語られていた時代です。

 そんな中、混乱する中国の奥地で勃発した得体のしれない非常事態。

 世界から全く孤立状態の文革時代の中国。厚いベールに阻まれ情報が届かない中で、冷戦構造の疑心暗鬼に囚われていた米ソ超大国をはじめ、日本を含む世界中の国々がこの異常事態に否応なしに飲み込まれてゆきます。

 これはSF作品ながら、1968年発表当時の現代を舞台としており、あらゆる事柄がリアルに進行してゆきます。

 

 本作では、人類存亡の危機においても己が利害に固執する世界の国々を、死に物狂いでまとめ、未知の敵に挑む、史上最強の超大国のリーダーであるラッセル合衆国大統領の姿を描いています。

%e8%a6%8b%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%ac%e6%98%8e%e6%97%a52%e8%a6%8b%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%ac%e6%98%8e%e6%97%a5

 「見知らぬ明日」(KADOKAWA)

小松左京が描く超大国アメリカと合衆国大統領の真実とは?

 

.

 

 

 

 小松左京の代表的短編「アメリカの壁」のモンロー大統領とは正反対の描かれかたですが、どちらの大統領の姿もリアルです。

 アメリカ合衆国大統領は、光と闇、どちらの姿をも取る可能性があるわけです。

ご興味あれば「アメリカの壁」も併せてお読みください。