“人間とも思えない陰惨な孤独の影”

 

世界の命運をも握るアメリカ合衆国大統領。

気力に満ち溢れていたオバマ大統領が、8年の激務で憔悴しきった姿を見ると、大統領という重責の恐ろしさを感じます。

 

「日本沈没」における、無残なまでに孤独な合衆国大統領の描写、そして一色登希彦先生が見事にコミック化したシーンをご紹介します。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%b2%88%e6%b2%a1%e3%80%80%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e6%8f%8f%e5%86%99%e3%80%80%e7%b8%a6

日本沈没

「日本沈没」 第三章 政府 より

 

 

%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%b2%88%e6%b2%a1%e3%80%8d%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%ef%bc%91

 

51b8wczeyal

コミック版「日本沈没」7巻(一色希彦)より

小松左京が描く超大国アメリカと合衆国大統領の真実とは?