熊本地震発生から1年が経ちました。

 亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を捧げますとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。復興がさらに進み、被災された皆様が平穏な生活に戻られることをお祈りします。 

 1995年の阪神淡路大震災の発生直後から毎日新聞で連載していた「大震災’95」の中で、小松左京は精神病理学者の野田正彰先生と震災における心のケアに関しての対談を行いました。

 阪神淡路大震災、東日本大震災をはじめ、様々な災害で心の傷を負った方は多いと思います。

 熊本の地震に関しても、都市や町、村の復興とともに、被災された方の心のケアが進むことを、せつに願います。

 

 僕も今度、アメリカの友人から言われました。日本はいったいカウンセリングはどうなっているのか、アメリカだったら大学でさえちゃんとある、と。

 日本では言葉は知っていても、実態はほとんどの市民が知らない。だけど、今度初めてそれが必要なことが、一般市民社会にかなり印象として出てきた。これから先の日本の医療体系は、ただ投薬して、CTスキャンをかけて、手術して、ケガが治ったからいい、ということではないだろうとね。そういう問題もわれわれの社会の中にあると分かった。人間は心をもって生きているのだから。

 しかも、今度の場合、家がつぶれたり、年取った自分の親が亡くなったり、子供が亡くなったり、小さな子供が両親を亡くしたり、それぞれトラウマが違うだろうから、ケース・バイ・ケースで対応して、それが潜在的になってきても、それを社会的にちゃんとトレースすれば、アメリカに比べれば少し地味かもしれないが、取り組めないことはないのです。

 これは僕らにとって非常に難しい問題ですが、アメリカの場合は、ほとんどの都会生活者は、主治医の中にカウンセラーを持っています。アメリカではカウンセラーが活躍していて、ベトナム戦争では現地にまで行きましたね。

 日本もこれを機会に、精神医療体系を、社会的に一種の厚生面で、非常に大きな改変をする必要があるだろうという感じを持っています。

「大震災’95」より

 

 

 

photograph