小説「日本沈没」における災害シミュレーションは、小松左京自ら当時の先端科学を取材し、自身のイマジネーションの全てを注いで築き上げたものです。

 

 フィクションではありますが、その地殻変動に対する描写は、これからの災害に備える際に何らかの参考になるのではと考えます。

 

 小説「日本沈没」において、日本が沈みはじめるまでの地殻変動を時系列で地図に示してみました。

 

 物語である「日本沈没」を読み解き、何らかの形で防災に役立てていただければ幸いです。

 

 *小説に描かれた代表的な地殻変動をピックアップしたものです。

 *時期が特定できないものもあるので、地殻変動ごとのインターバルは考慮されていません。

 

 

YouTubeにアップロードしています。